THAILAND

国旗の画像 タイは東南アジアの中でもっとも日本人にとって身近で行ったことがある人も多いでしょう。 美しいビーチに美しいオカマ、アユタヤの遺跡など見どころたくさん。あらゆる面で急成長していて 旅行はしやすいのが理由でしょう。バックパッカーから見れば聖地「カオサン通り」であらゆる国の 人からあらゆる情報を得ることができる。偽物のステューデントカードからジャーナリストカードも作れる(笑) とりあえずバンコクへ行こう。

DIARY OF THAILAND

2009/8/12 の日記

 死んでしまう。。。ほど疲れた。今は夜8時半inカオサン!!ここまでの道のりがきつかった。 朝7時シェムリアップのゲストハウスを出て小さなバスに乗りその後大きなバスに乗り換えた。私が大きなバスに乗った時 乗客は8人くらい。やっほー、と思っていたのもつかの間人がわんさかやってきた。最初一番前のシートは荷物置き にするつもりやったらしいが人がどんどん乗ってきたので係員は怒りながらカバンをぼんぼん外に放り投げバスの下に 無理やりつめこんだ。席がすべて埋まったが一人余った。係員はその男性にプラスチックのイスをあげ通路に無理やり座らせた。かわいそう。 そしてその後1時間ほど走るとバスが停まった。また2人乗ってくるらしい。無理やろ。運転手は2人ペアの人に話かけ、降りてタクシーで国境まで 行ってくれと言っていた。そんな無茶な(笑)当然断る人たち。。。。最終的にNOと言えない日本人が犠牲者となった。やさしいなぁ日本人は。 そこから4時間くらいで国境に着いて出入国。案外簡単やった。そこで30分くらい待ち車でバスがくる所まで移動。そこでさらに1時間くらい待たされ バスではなく8人乗りくらいのバンに乗せられバンコクへ。夜7時過ぎにバンコク着。12時間の移動で足がバリしんどい。両替して宿探し。 疲労で探し回る体力もなく200バーツのところに決めベッドに倒れこんだ。

2009/8/14 の日記

 下痢が止まらない。そして水っぽい大便をするとケツに激痛が走る。今日うんこをもらしてしまった(笑) 朝7時半くらいに起き下のレストランで朝食をとりノンカーイ行きの寝台列車の切符を買いにファランポーン駅へ向かった。 駅のチケット売り場はおもいのほかすいていてすんなり買えた。2等寝台688バーツ。切符を買って安心した瞬間。。。ブリッ。。。 完全に出た。落ち着こうと一回椅子に座り少しして立つとなんとズボンまで少し湿っているではないか。これはアカン。ということで すぐさまゲストハウスに戻りパンツは捨てズボンはきれいに洗った。正露丸を毎日飲もう。  バンコクではビンであろうと缶であろうとすべての飲み物にストローがついてくる。

2009/8/21 の日記

 ムエタイを見てきた。ムエタイそのものも迫力はあったが観客の賭けの雰囲気が凄かった。システムはこう、 取り引きは1対1で行い。どちらが勝つかと掛け金を大声で言いそれを聞いてその賭けにのった人を探すというもの。 500バーツが基本くらい。たいてい2ラウンドか3ラウンドあたりで成立する。客は応援している方の選手が相手を 蹴るたび「イー」と言って盛り上げる。あの空気は凄まじいものがあった。ムエタイの試合はとにかく多い。 10試合近くあった。夜6時から入って終わったんが11時過ぎ。スタジアムにエアコンはなく外人は最後の方疲れて飽きてた。
 こっちにきて思うのは日本製品の多さである。車やコンビニ、ショベルカーなど。アユタヤで借りたチャリは防犯登録長野県やった(笑)

2009/8/23 の日記

 今停まっているLee4というゲストハウスのトイレは初め使い方が分かれへんかった。 うんちをする、どうやって流すのか。。。原理は簡単、大量の水をそこに流し込みその勢いでうんちも 流してしまおうというもの。ゆえに水が少ないと流れたと思ってもまた戻ってくる。そしてそれようの桶が トイレにある。
 旅に慣れてきたのか、いるもんといらんもんがはっきりしてきた。いらんもんはどんどん捨てよう。 お、タイの国歌が流れてきた。夜6時や、タイでは朝8時と夜6時に国歌が流れ、何かしている人はそれをやめて全員起立する。 私もそうする。こっちに来てこれを何回したことか。何となくサッカーの代表になった気分。



PHOTOS


How Did You Feel ??

⇒ NEXT(ラオス編へ)
ASIA
inserted by FC2 system