INTRODUCTION

出会い

私は昔から美術に興味があったわけではない。高校では美術の時間に自画像を描く授業があり、 完成したら髪型がドレットというか元バルサ監督のライカールトのようになってしまったほどである。
そんな私が美術にはまったのは大学1回の冬に東京都現代美術館に行ったのがきっかけである。 そこで現代美術の自由でなんでもありな発想に触れ、のめりこんでいったのである。 それから昔の絵画も見るようになった。ここでは私の好きなアーティストを紹介しまっす。

GREAT ARTISTS

カラヴァッジョ

カラヴァッジョの画像 バロック期のイタリアの画家。闇と光の対比の強い明暗表現がすごい。そして想像にも関わらずその写実がリアル。 私が好きなのは何といってもその人生。喧嘩、暴行、脅迫などを繰り返し投獄されたり、 ついには賭けがもとで殺人を犯し死刑宣告がだされる。それでも逃亡し続け、その間も 絵を描き続けたカラヴァッジョ。38歳で逃亡中に死亡する。 ボルゲーゼ美術館展に行った時に初めて見た。

サルバドール・ダリ

ダリの画像 いわずとしれたスペインが生んだ奇才。1番好き。発言もおもしろいがどこまで本気で言っているか分からない。 あのヒゲが彼をまんま表わしている気がする。 まだ生で見たことがないのでとても見たい。日本に展覧会が来てくれることを期待。

エゴン・シーレ

シーレの画像 かなり独特。死、性といった人間特有の心理を絵にぶつけている画家、享年28。 力強い眼差しでこっちを見ている人物や強烈な自画像などが特徴。 世紀末美術のクリムト&シーレ展で見て好きになった。

ジョルジョ・デ・キリコ

作品の画像 ダリのようでダリではない絵を描く変わった人。ちなみにダリより生まれは早い。私の生まれるちょうど100年前に生れてる。



MODERN ARTISTS

フェルナンド・ボテロ

作品の画像 美術館のショップで太ったモナリザを発見。はじめはただの面白ポストカードと 思っていたら立派なボテロの作品のひとつやった。その後調べると宮城県美術館の館内にも 作品があることが判明。思わずクスッとしてしまう作品が特徴。

ロン・ミュエック

作品の画像 気持ち悪いくらいリアルで巨大で生々しい人間のフィギュアを作る彫刻家。まだ作品を 生で見たことはないが写真でも凄さが伝わる。2008年に金沢21世紀美術館で日本ではじめて個展が開催された。 また日本に来てほしい。

瀬畑亮

作品の画像 日本が誇るセロテープアーティスト。2年前くらいに知ってひそかに応援している。 セロテープ会社ニチバンにサポートしてもらいひたすらセロテープを巻きまくる作品は圧巻。

多和田有希

作品の画像 写真(インクジェットプリント)の表面をサンドペーパーや消しゴムなどを使って 削ったりして全く違ったものにしている。東北大→カリフォルニア大→東京芸大 という経歴もおもしろい。




BIKE

チャリ or バイク !?
movie

ART

創る?それとも見る?
movie

MOVIE

見て欲しいおすすめ映画!
movie

PHOTO

写真を撮ろう!
movie
inserted by FC2 system